ホーム > 会社概要

テレビ  ソニー (SONY) KJ-65A9F 65V型 有機EL 4K 2018年モデル:家電のgarden - f6880

2019-09-08
カテゴリトップ>テレビ
テレビ  ソニー (SONY) KJ-65A9F 65V型 有機EL 4K 2018年モデル
仕様 詳細
外形寸法(幅×高さ×奥行)144.9 x 83.5 x 8.6
質量27.2kg
パネル有機ELパネル
4K高画質プロセッサー高画質プロセッサー「X1 Ultimate」
超解像エンジン4K X-Reality PRO


究極に迫る高画質と、画面そのものから生まれるサラウンド。かつてない臨場感を実現した4K有機ELフラッグシップモデル
Android TV (TM) 機能を搭載。ブラビアに話しかけるだけで、テレビ放送や録画番組、ネット動画のコンテンツをかんたん検索。見たい映像を手軽に楽しめます。
Amazon Echoシリーズと連携させることで、ブラビアの操作をハンズフリーで行うことができる「works with alexa」対応。 「テレビ電源のオンオフ」「チャンネルや入力の切り替え」「録画コンテンツの再生/巻き戻し/停止」などの音声操作が可能。
829万画素が自発光する有機ELパネルと次世代高画質プロセッサー「X1 Ultimate」、ソニー独自のパネル制御技術「ピクセル コントラスト ブースター」により、テレビ番組やネット動画などのあらゆるコンテンツを限りなく美しくします。
ソニー独自の画面そのものから音が出る技術「アコースティック サーフェース オーディオプラス」は、3.2ch/実用最大出力(JEITA)98Wの高音質サラウンドにより、映画館やコンサートホールで感じるような臨場感を実現
スタンドやスピーカーが正面から見えない構造にし、ベゼルも極限まで細くすることで、映像だけが浮かび上がるようなたたずまいを実現
従来のAndroid TV 機能搭載ブラビアと比較し、ネット動画アプリの起動時間は最大1/4に、電源のオンは約1/3に高速化。本体にマイクを内蔵し、ハンズフリーでコンテンツ検索やアプリ起動が可能。より快適にお楽しみいただけます。
テレビ画面がセンタースピーカーの役割を果たす「センタースピーカーモード」対応。サラウンドシステム構成時も映像と音の一体感を可能にし、ご自宅で映画館のような臨場感を実現
クリエイターの制作意図を忠実に再現する、ソニーのテレビの最高峰。MASTER Series
MASTER Series(マスターシリーズ)は、映像の作り手であるクリエイターの制作意図を完全に再現したいという、ソニーのテレビづくりの究極の目的を追求して生まれたテレビです。A9Fシリーズは最高峰モデルの証であるMASTER Seriesです。

Android TV:〇
スピーカー数:8
ハンズフリー音声検索:〇
チャンネルポン:〇
ブラビアリンク:〇
HDMI入力端子:4
Wi-Fi Directモード:〇
無線LAN機能:IEEE802.11ac/a/b/g/n
Bluetooth対応:〇




価格
639,381円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

S
S